スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いを求めてpart1


こんにちは ご無沙汰しております
前回4月12日より3ヶ月ぶりのブログ登場の
花博展示場のイセムラです。

3ヶ月分のボリュームを込めてお届けします。
さて、いきなりの問題で恐縮ですが ここは何処の都道府県でしょうか?

0001.jpg

ヒント1:写真左側に「近畿大会出場」の垂れ幕があるので、
     近畿のとある場所である事はわかりますよね。
     兵庫?和歌山?大阪?・・・

ヒント2:中央の道路標識には「観光名所」と「矢印→」が一緒に掲げられています。
     という事は 京都?奈良?

ヒント3:ここから1時間程 車を走らせると 「月の35日は雨が降る」と言われる日本一の多雨地帯が
あり、その降雨量は年間4,500mm を越え、一日の降雨量としても大正12年(1912) 9 月の
台風時に、1,011mm の世界3位の記録を持っている場所に行き着きます。
      ・・・大台ヶ原

こたえ :そうです奈良県です。

実は写真の場所は、花博展示場から地図右下のAの場所へ向けて移動中に

1111.jpg

「もう少しで到着かな」という場所で取った1枚です。
地図のAの場所が奈良県のどこかと言うと

0003.jpg

奈良県吉野郡黒滝村というところです。
地図の色でもわかるとおり、緑豊かで自然環境に囲まれた
とても とても ベリィ〜グーな所です。

「勤務中にそんな所へ 何しに行ってるの?」といいますと

0004.jpg

道の駅「吉野路黒滝」でしか食べることができないという
特産品のコンニャク芋で出来た串コンニャクを食べに
はるばる大阪から

0005.jpg
ちがーう!違う!違う!絶対に違う!
もといッ じつは

0006.jpg

消費税UP前の駆け込み需要に 休みも取れず身も心もクタクタ
負った傷をいやすために ここ黒滝村の清流に 日光浴へ来たとこで
ちがーうッ ちゅうねん!違う!違う!絶対に違う!

0007.jpg
もといツ
黒滝村へやって来た本当の理由は この看板が示してくれてます。
左上の「ごあんない」拡大

0008.jpg

「工房街道ごあんない」
奈良市東部から天川村にかけて、連綿と引き継がれ、優れた技術をもって発展してきた伝統産業や
地域産業の工房が数多く立地しています。また、木工やガラス工芸など様々な分野のデザイナーや
芸術家が移住しており、工房をかまえています。そして古代からの・・・・・・・堪能ください。

つまり、匠(たくみ)な技をもつ人や会社が沢山有りますよと言う事ですな。
その匠な技をもつある会社に 本日、家づくり進行中のK様と一緒にやって来たのが
本当の理由なんですな。

誤解がとけてホッ

そのK様の「こだわりの住まい」を形にするべくやって来た目的の会社は
ここ徳田銘木さんです。

0009.jpg

事務所にご挨拶しに行きますと
たいへん丁寧なお出迎えをしていだだき、更に冷た〜いお茶
めちゃ美味しかったです。

お茶を頂いている間に、いろんな木の特性や特徴を生かした製品の
お話を伺う事ができ、私たちのテンションも一層UP↗UPです。

頃合いを見て、徳田銘木の徳田さんが
倉庫の中を案内してくれたのですが、その量・質・技術
どれをとっても はっきり言って「圧巻」の一言です。

0010.jpg

このブログをご覧の皆様も、経験おありだと思いますが
驚きを通り越した心境の時、笑いが出るという事がありますよね。
この倉庫の中で ず〜〜っと 私は その様な状態でした。

0011.jpg
何十年の歳月を得て育ち、更に匠の技に磨きをかけられた銘木たち。
威風堂々と立ち並ぶ 静かな倉庫の中で
私たちの驚きの声がしばらく続くのでありました。

「おーーい、何 急に話し しめとんねん!もっと紹介せんかい」
お叱りの方はポチッと拍手ボタンを1回押してください。
お叱りが多いよう奈良、続きのブログをアップいたします。

では花博からイセムラでした。







テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

無添加住宅

Author:無添加住宅
むてんかな日々をお届けします☆*。・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。