スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月12日 地鎮祭とは・・・・なんぞや!


村田が地鎮祭・・・お教えしましょう。


式前のお清めからNO1_20120405132819.jpg

NO2.jpg

NO3.jpg

NO4.jpg





NO5-1.jpg

NO7_20120405134801.jpg

NO8_20120405135205.jpg

NO9.jpg

NO10_20120405135405.jpg

NO11-1_20120407111105.jpg


NO12-1_20120407111142.jpg



よし次は本番!
TS3R0301.jpg

写真 NO1

写真 NO2

写真 NO3

写真 NO4

写真 NO5


お清めして、中へ入ります
写真 NO6


1.修祓(しゅばつ)
写真 NO7


2.降神(こうじん)
写真 NO8


3.献饌(けんせん)
写真 NO9


4.祝詞奏上(のりとそうじょう)
写真 NO10


5.清祓(きよはらい)
写真 NO11


6.地鎮の儀(じちんのぎ)
写真 NO12
建主が穿初め(うがちぞめ)
写真 NO13
神職が鎮め物(しずめもの)を納め。
写真 NO14
施工業者が鋤で砂を均す土均し(つちならし)
写真 NO15





写真 NO16

7.玉串拝礼(たまぐしはいれい)
写真 NO17




写真 NO18

8.徹饌(てっせん)
写真 NO19-1





9.昇神(しょうじん)
写真 NO20


写真 NO21

記念撮影

以上が地鎮祭の流れです。
各内容はこうです
地鎮祭式次第

1.修祓(しゅばつ) 参列者、お供え物を祓い清める祭儀。
お祓いの言葉を奏上する間は、
深く頭を下げ、
お祓いを受けるときは軽く頭を下げましょう。

2.降神(こうじん) この土地に鎮まる神様と地域の神様をお迎えする
厳粛な祭儀。
神職が「オオー」と警告するので、
頭を深くさげましょう。

3.献饌(けんせん) 神職が神前のお供えを、神様にお召し上がり
いただくために、御神酒と水の蓋を取ります。

4.祝詞奏上(のりとそうじょう) これから先、この土地をお借りして
家を建てることを神様に奉告し、
工事の安全を祈ることばを申し上げる。

5.清祓(きよはらい) 神職が敷地のお祓いをする。

6.地鎮の儀(じちんのぎ) 建主が鍬で盛り砂を3回起こす
穿初め(うがちぞめ)、
この時に鎮め物(しずめもの)を納めます。
施工業者が鋤で砂を均す土均し(つちならし)を行います。

7.玉串拝礼(たまぐしはいれい) 神前に玉串を捧げ工事の安全を祈ります。
※ 受け取った玉串は、時計回りに回して
根本を神様に向けて祭壇にお供えします。
その後2礼(深く二回お辞儀をする)
2拍手(2回柏手を打つ)
1礼(1回深くお辞儀をする)
最後に軽く礼をして下がる。

8.徹饌(てっせん) 神職が御神酒と水の蓋を閉じお供え物をお下げする。

9.昇神(しょうじん) 神様に元の座お戻りいただく祭儀。
神職が「オオー」と警告するので、
頭を深くさげましょう。

以上です、皆様参考にしてください


IMG_8950嘉之顔写真 50歳
村田が正装してます。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村



人気ブログサイトにてランキング参加中です。
バナークリックでランキングにご協力いただけると
嬉しいです




















コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

無添加住宅

Author:無添加住宅
むてんかな日々をお届けします☆*。・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。